売掛金の回収不能・方法について

売掛金が回収できない状況において、それをどのように回収するのかという点に関して関心を持っておられるかもしれません。もしかするとそういった場面に直面したことがある方もおられるかもしれませんが、大まかな流れとしては、最初は『通達』を贈る、それに対して反応が無ければより強い『督促』を送る、そして正式な裁判に発展し、最終的には強制執行という形で裁判が終わる、という流れです。だいたいの債権回収において、最初はその『通達』…いわゆる、『内容証明』を送付する、という形から入ります。

この際、この文書は売掛金がある取引先ではなく、弁護士から送付する形になります。弁護士から文書が送付されるということは、相手に法的な措置を取る準備があることを知らせるものとなりますので、よりメッセージとしては強力になる、と言えます。

そこで相手が反応を示してくれれば良いですが、それでも何も対応が行われない場合、督促などを行い、正式に訴訟を起こすことになるかもしれません。売掛金が支払われない場合、強制執行が行われることもあります。ただし、弁護士に依頼したからといって全てそのような流れになることは確証できず、100%成功するとは言えません。